仮想空間で楽しくみんなで遊ぶ

子供たちは当然の用にWi-Fiを使いこなし、ゲームの中でもWi-Fiによって出来ることを楽しんでいます。
大人はまずどうしてこういう事が出来るんだろう?など頭で考えるところから入ってしまいますが、子供たちはそういう事が出来る、そのやり方はどうやるんだろうという行動から入ります。だからこそ、Wi-Fiを利用した通信の中の遊びを貪欲に吸収し使いこなしていくのでしょう。

あるゲームでは、Wi-Fiでつながっている場所があり、そこで最大20人共に遊ぶことができます。そのゲームを利用している世界中のゲーマーがその火葬広場に集まり、色々なゲームを楽しめるのです。
ここではお互いにコードを交換する事で対戦型ゲームを楽しむことが出来たり、Wi-Fiで友達になった同士、チャットを楽しんだり、様々な楽しみがあります。

みんなで協力し合ってボールころがしのようなゲームを楽しむなど、今そこに自分とWi-Fiでつながっている人たちがいるかのような感覚で、みんな一緒にゲームを楽しむことができるという空間です。現代っ子達はこうした空間でたくさんの友達を作り、ゲームを行い、コミュニケーションをとって遊んでいるのです。
外遊びをしない子供が多くなったと聞きますが、Wi-Fiなら外出先でもゲームを楽しむことができますから、今どきの子供たちはWi-Fi通信ができるところに集まっているのでしょう。