Wi-Fiかくれんぼが超現代的

私達が子供の頃、鬼ごっこやかくれんぼなどをして外で元気に遊んでいました。でも最近の子供たちはゲームに夢中になってしまい屋内型の遊びが主流といわれています。
地域性もあるかと思いますが、確かに現代っ子達の運動能力を見ると頷けるのです。サッカーや野球、水泳などクラブに属している子供たちは秀でた運動能力を持っている、でもそうしたことに関わっていない子たちは極端に運動が出来ない、子供によって運動能力が極端に違うというのが現代っ子です。

でもゲーム好きな子供たちも新しい遊びを開発しています。
例えばWi-Fiを利用した画期的なかくれんぼがあります。SNSなどでも話題になっている今どきの子供たちのWi-Fiかくれんぼも基本的には昔から行われてきたかくれんぼと同じです。
公園や広場などで鬼になった子供が数を数える、その間に鬼以外の子供たちはどこかに隠れる、鬼は数を数え終わった後、隠れている子供を探すという遊びです。ここにWi-Fiが利用されています。
逃げて隠れる子供たちがポケットWi-Fiを持っています。鬼になった子供はゲーム機を持っていて、Wi-Fiの電波強度が高いところ、つまり隠れている子供たちのWi-Fi電波をおって探すというかくれんぼです。

ポケットWi-Fiは無線LANルーターのモバイル版で、持ち歩くことができ、基地局から飛んでくるデータをモバイルWi-Fiが受信し、その電波によってゲームなどを楽しむことができます。
このモバイルWi-Fiを逆手にとったような現代っ子の遊びがWi-Fiかくれんぼというわけです。